スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2.77kWで100万円の楽天ソーラーは買い得か?

 来週月曜日(7月17日)から楽天が「楽天ソーラー」の名前で太陽光発電システムの販売を始めるそうです。

 最大の特徴は、中間業者を通さずに販売・設置までを一貫して行うことで、販売価格を抑えたことにあるとのことです。施行は太陽光発電の販売・施行に実績のある株式会社日本エコシステムが行うということです。

 では実際の価格を見てみましょう。

2.77kWモデル 950,000円(税抜) 853,050円(国補助金控除後の価格)
3.33kWモデル 1,155,000円(税抜) 1,038,450円(国補助金控除後の価格)
3.88kWモデル 1,320,000円(税抜) 1,184,200円(国補助金控除後の価格)
4.44kWモデル 1,485,000円(税抜) 1,329,600円(国補助金控除後の価格)

税込みで計算すると、2.77kWの場合、1kWあたり360,108円になります。4.44kWの場合は351,182円となります。昨年から太陽光発電システムの実勢価格はかなり下がっており、現在は1kWあたり40万円台が多いようですので、平均に比べると1~2割安い感じです。ただ実際に工事をすると結構追加費用が掛かることも多いので、明確には言えません。

 保証は10年で、ごく一般的です。

 パネルのメーカーは公表されていません。これは気になるところです。中国メーカー品の場合は現在20万円台という価格もあります。

 インターネットで申し込み時に住所を入力すると、衛星写真で屋根の大きさや形状を把握して自動的に最適な製品を割り出すなどの点は、いかにも楽天らしいですね。そして、国や自治体からの補助金、想定される発電量、年間で節約できる電気代などの、見積りシミュレーションが出て来るとのことです。こういうのは便利かも知れません。

 しかし、中間業者を通さないといっても、実際には楽天も日本エコシステムも中間業者です。実際に施行するのは、殆どの場合、提携している各地の工事店です。流石に訪問販売の場合の販売経費よりは安いでしょうが、インターネット受注をしている業者は既に数多く有りますので、コスト構造的に特別な強みがあるとも思えません。当初の価格が本当に安くても、他業者もすぐに追随して来るでしょう。

 楽天ソーラーの参入でこの業界に大きな変化が起きるということは無いと思います。ユーザーはアフターケアも含めて信用できる施行業者を選びたがります。実際に施行もやる地場の信用できそうな業者を選ぶ傾向は変わらないでしょう。

 一方で、楽天のブランドは大きく、これを機会に太陽光発電に興味を持ったり、施行する人も少なからずいるでしょう。そして、楽天ソーラーの評判が良くても悪くても、太陽光発電システムに興味を持つ人が増えて、コミュニケーションの輪が拡がり、ユーザーが賢くなっていく事は好ましいことだと思います。

 楽天ソーラー自体の成功の鍵は施行業者の日本エコシステムにあるのでは無いでしょうか。衛星写真から見積りをすると言っても、実際には色々な問題が出て来るのが施工の世界です。それにどう対応していくかが最も重要なポイントだと思います。

 さて、楽天ソーラーが買い得がどうかですが、現状では何とも言えません。買ってみないとわからないということです。明確なメリットは無いように思いますが、候補のひとつとして考えるのは良いのでは無いでしょうか? 実際に工事を担当する人の顔を見てから決めたいところですね。
スポンサーサイト

孫正義社長と都道府県知事の連携

 東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故を受けて、ソフトバンクの孫正義社長は、原子力発電所から自然エネルギーへの転換すべきだと認識を示し、10億円を投じて「自然エネルギー財団」の設立を表明していました。

 その後、孫社長は、メガソーラー発電所建設構想として、総額800億円を投資して発電容量2万~5万kWの太陽光発電所を全国に10ヶ所程度建設する意向を表明しています。

 これに真っ先に呼応したのが、大阪府の橋下知事と関西連合です。橋下知事も脱原発と自然エネルギーへの転換政策を表明しており、孫社長の太陽光発電所を関西地区で受け入れたい意向です。

 そして今日、新聞各紙によれば、埼玉県の上田知事が孫社長の太陽光発電所受け入れの具体的計画を発表しました。報道によれば、埼玉県50ヘクタールの土地を確保し、発電容量2万kWの太陽光発電所を建設するとのことで、建設費用80億円のうち、孫社長側が79億円、埼玉県が1億円をそれぞれ負担するとのことです。

 また、4月に新しく神奈川県知事になった黒岩知事も太陽光発電への積極姿勢を強調しており、すでに孫社長との協力を確認しているとのことです。

 各府県知事の脱原発と自然エネルギーへの転換は住民感情を反映したものでもあるでしょうが、孫社長の実行力とそのスピードとの相乗効果には、かなりの推進力がありそうです。このタイミングで埼玉県からここまで具体的な話が出てきたというのは少し驚きますね。この流れは大きくなっていきそうです。
 

汚染地にメガワット太陽光発電所が完成 シェブロン

 かねてより報じられていたシェブロングループによる、アメリカのニューメキシコ州にある廃鉱石汚染地への太陽光発電所の建設が完了し、4月12日に竣工式が行われました。北米の各メディアが報じています。

 この発電所は、シェブロンの子会社、シェブロン・マイニングと、兄弟会社シェブロン・テクノロジー・ベンチャーズにより、ニューメキシコ州のクエスタ村の近くにあるモリブデン鉱山の約8ヘクタールの土地に建設されました。

 発電容量は1メガワット(1000kW)で、一般的な太陽光発電パネルではなく、レンズで太陽光を集めてセルに光を当てる、集光型太陽光発電方式を採っており、太陽追尾装置173機が設置されました。この太陽光発電所の発電された電気は地元電力会社に販売され、ニューメキシコ州の300世帯分の電力が賄うことになります。

 今回のプロジェクトは、汚染地での再生可能エネルギー発電の実験的プロジェクトだということです。プロジェクトを通じて、本格的な実現可能性について様々な調査がなされるようです。

 そして、今回のプロジェクトはシェブロンにとって3つ目の廃鉱石汚染地プロジェクトとなります。ワイオミング州カスパーの古い精錬所の土地には風力発電所を、また、カリフォルニア州のベーカーズフィールドの精錬所跡地には太陽光発電所を建設しています。

 アメリカでは汚染地に再生可能エネルギー発電所を建設する構想は、最近多くなってきているようです。

 また、連邦政府は、ニューメキシコ州からネバタ州での太陽光発電を後押ししています。この地域では晴天日数が300日もあるというのが大きな理由です。


 この話を聞くと、日本では誰もが福島第一原子力発電所のことを連想してしまいますよね。原子炉の鎮静化に成功したとしても、廃炉にして放射線量が正常化するには、数十年~百年は掛かるとのことです。その間は広大な原発敷地内がずっと立入禁止となり閉鎖地域になるわけですが、もし太陽光発電所として発電ができるのであれば、非常に良い汚染地利用法になります。

 また、福島原発は、日本でも日照時間の長い地域にあり、年間で約1,850時間の日照時間があります。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

ソーラン

Author:ソーラン
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。