スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電力買取価格が引き下げられると

 家庭に太陽光発電システムを導入すると、余剰電力を高い価格で長期間に亘り買い取ってくれる制度があります。これを「固定価格買取制度」と言います。法律によって買取りを電力会社(電気事業者)に義務付けているのです。

 2011年3月31日までに申請した場合には、1kWh当たり48円で、10年間買い取ってくれます。一般家庭用の電力価格がだいたい1kWh当たり24円ですから、随分と良い値段なわけです。

 この買取価格は段々と下げられていくことになっています。そして今月25日に経済産業省は今年4月以降の買取価格について、「現在48円とされている電力会社の買い取り価格について、設備の普及が進んでいることから6円引き下げ、42円とする」との見直し案を有識者会議に示しました。そして有識者会議の委員からは反論は無く、今年4月からは6円の引き下げが実施される見通しだということです。

 では48円で買い取ってもらうためには、いつまでに何をすれば良いのでしょうか?

 1.2011年3月31日までに電気事業者に申し込む
 2.申し込みが3ヶ月以内に、電気事業者の系統と連携する

ことが条件です。
 
 さて、どうしたらいいのでしょうか? これは昨日の2011年の国の補助金はどうなっているのか?と同じことですね。

  太陽光発電システムの導入を既に決めている方で、工事の算段が付きそうな場合は、48円で10年間の買い取りをしてもらった方が明らかに得するでしょう。10年間の買い取り価格が違ってしまうので、合計では結構な金額の違いになるでしょう。その差額はシステムの大きさや立地条件等によって異なりますが、一般家庭用で10年間でだいたい30万円くらいだと思われます。

 しかし、具体的なことをあまり決めていない方が慌てて導入を決めるということは、止めた方がいいと思います。 昨日の繰り返しになりますが、一番大事なことは、ご自分の状況に合わせて適切なシステムを導入し、かつご自身がよく納得して導入することです。電力買取価格の減額予想に振り回されてはいけません。

スポンサーサイト

2011年の国の補助金はどうなっているのか?

 補助金の額が高い自治体で、国の補助金が昨年の12月24日で打ち切られる予定でしたが、補正予算の成立によって3月末まで延びそうだと言いましたが、実際のとことどうなっているのでしょうか。

 2010年12月24日に太陽光発電への国の補助金は一旦終了しました。そして2010年12月27日に募集が再開されています。募集期間は2010年12月27日~2011年3月31日となっています。期間中であっても予算に達した場合は締め切られることがあります。補助金の金額はそれまでと同じ1kW当たり7万円で、合計発電量は10kWh以下等その他の条件も今までと同じです。

 さて、今回の補助金の給付を受けるためには、具体的には何をいつまでにやれば良いのでしょうか?

 一番気になるのはいつまでに工事を完了すれば良いかということですが、補助金給付条件として

 1.既存住宅では「補助金の申請受理決定日から4ヶ月以内に電力会社と電力受給を開始すること」
 2.新築住宅では「補助金の申請受理決定日から7ヶ月以内に電力会社と電力受給を開始すること」

となっています。申請受理決定日は申請した日の14日以内くらいですが、申請する日からそれぞれ4ヶ月、7ヶ月と考えておけば安心ですね。

 さて、2011年4月以降の補助金については、まだ何も決まっていません。予想としては補助金は継続されるけれども、補助金の金額が下がる可能性もあるということです。1kW当たり4万8千円などという噂も出ているようです。

 太陽光発電システムの導入を既に決めている方で、工事の算段が付きそうな場合は、今回の補助金を受けた方が明らかに得するでしょう。また、各自治体の補助金や、余剰電力買取制度についても、申請時期などを注意しましょう。業者任せにしていてトラブルになることが多いので、自分で注意しましょう。

 しかし、具体的なことをあまり決めていない方が慌てて導入を決めるということは、止めた方がいいと思います。太陽光発電のシステムは段々と発電効率が良くなり、価格も下がっていきます。それに合わせて補助金を減額していくことになっていくので、補助金が減ったからといって、損するとは言えないのです。

 一番大事なことは、ご自分の状況に合わせて適切なシステムを導入し、かつご自身がよく納得して導入することです。補助金の減額予想に振り回されてはいけません。

 一方で、太陽光発電システムの導入が具体的に煮詰まっている段階では、1日のことで金額が大きく違ってしまうことがあるので、よくよく注意すべきでしょう。

甲子園球場の太陽光発電量がナイター照明の電力量を超えた

 阪神電鉄は、2010年3月1日に阪神甲子園球場で稼働を開始した太陽電池が、2011年1月7日に、計画より約1ヶ月半早く、年間計画発電量の193Mwhを達成たと発表しました。これは、阪神タイガースが阪神甲子園球場で1年間に行うナイトゲームで使用するナイター照明の消費電力量に相当し、これによる年間CO2削減量は約133tとのことです。

 この太陽電池は、阪神甲子園球場のリニューアルに伴い、「銀傘」の愛称の内野席の屋根に設置されたもので、製造過程における使用エネルギーが少なく環境への貢献度がより高い、株式会社ホンダソルテック製のCIGS薄膜太陽電池が採用されています。稼働当初から順調に発電を続け、52日前倒しでの年間計画発電量達成となりました。

甲子園球場の太陽光発電パネル 上空から


 この太陽電池で発電された電力は、球場内の通路照明や空調をはじめとする各種電気設備で使用されており、高校野球やプロ野球デーゲーム開催時のほか、シーズンオフにも阪神甲子園球場を支える電力の一部として活用されています。年間計画発電量の193Mwhは、1年間のナイター照明の電力をまかなう量ですが、阪神甲子園球場の年間使用電力の約4%とのことで、ナイター以外にも結構電力を使うんですね。

 株式会社ホンダソルテック製CIGS薄膜太陽電池は、銅、インジウム、ガリウム、そしてセレンの化合物を素材とした薄膜で形成され、製造過程における使用エネルギーが少なく、環境への貢献度がより高い太陽電池とのことです。

甲子園球場のホンダセルテック製太陽電池パネル


 尚、年間ナイター54試合開催、1試合当たり3.3時間点灯として、また、森林は天然林とし、CO2吸収量は、3.3t-CO2/haとして、それぞれ計算しているとのことです。

 あの光々と照らすナイター照明の電力量を、全て太陽光発電でまかなうというのも凄いと思いますが、それが球場全体で使う電力のたった4%にしかならないというのも凄い話です。我々は本当に色々なことに電気をつかっているんだなと思いました。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

ソーラン

Author:ソーラン
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。