スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災後に太陽光発電の押し売りが続出?

読売新聞の記事です。

 太陽光発電、押し売り続出…「格安」実は割高

 住宅用の太陽光発電システムをめぐり、訪問販売業者による強引な押し売りが続出している。

 東日本大震災後の電力不足を背景に、その日のうちの契約を強要したり、玄関に何時間も居座ったりする悪質なケースも出ている。国民生活センターに寄せられた相談件数は4月以降、昨年同期比で約3割増えており、消費者団体は「契約は急がず、複数の見積もりを取って見比べてほしい」と呼びかけている。

 「営業所が被災して仕事が出来なくなった。格安で提供するので買ってほしい」。東海地方の無職男性(70歳代)は震災後に業者の訪問を受け、設置費込みで330万円で契約した。だが、後からインターネットで調べると同じ商品が200万円で販売されており、同センターに5月、「減額できないか」と相談した。

 同センターによると、太陽光発電システムについての苦情は4月以降、前年同期比181件増の756件(25日現在)。約8割が訪問販売のトラブルだ。

=============================================

 家庭用の太陽光発電システムは、以前から悪徳業者が多いことで有名です。金額が張るので儲かるのと、補助金システムが複雑なので、「お得ですよ」と騙しやすいということもあると思います。住宅工事関係はとにかく悪徳業者が多いですから、太陽光発電にもそうした業者が当然のように参入してきているのだと思います。

 国民生活センターへの苦情件数で前年比3割増ということですから、震災後に国やマスコミあげての、電力不足、自然エネルギー騒ぎで、一般の方々の太陽光発電への興味が多いに盛り上がっているということでしょう。そして、悪徳業者も優良業者も、当然、販売に力を入れているのだと思います。

 補助金・買取価格の減額後も設置件数は前年並み で述べましたが、今年の4月からは補助金の額も、買取制度の買取価格も減額となり、本来であれば、消費者の方々は少し様子見をするべきタイミングだったのですが、東日本大震災が、それを一気に吹き飛ばして、太陽光発電の設置は好調に推移しているようです。

 ここへきて、太陽光発電の悪徳販売業者が増えたと言っても、あくまで従来の延長線上だと思います。元々、住宅工事関連の訪問販売は十分に注意する必要があります。「今、工事すればお得です」と言われて、よくわからないうちに即決してしまうのも、従来からのパターンですね。信頼できる複数の人達の話を良く聞いて、時間をかけて検討することが大事ですね。気持ちに余裕をもって、じっくり検討すれば、そう簡単に騙されることはありません

 それから、騙されやすい人には、意外にもインテリやエンジニアも多いようです。自分は技術はわかっているという自信から、技術の話だけで納得して相談せずに決めてしまうようです。そういう人たちは上品な世界に住んでいるので、海千山千の悪徳業者の世界は知らないので、そのやり口に直面しても気が付かないようです。

 こういう時は、一人暮らししている親や、近所の一人暮らしの方や高齢者の方に声をかけて、未然に防ぐようにするのも良いですね。
スポンサーサイト

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

ソーラン

Author:ソーラン
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。