FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アプライドマテリアルによる太陽光発電の発電能力の予測

 2週間前のEE Timesの記事に、半導体製造装置大手のアプライドマテリアルの最高経営責任者が5つの予測したというのがありました。太陽光発電は好調との予測に対し、読者から「世界中の政府の財政が火の車で補助金を打ち切るから、もう駄目だよ」というコメントがあったりします。

 さて、同社は半導体製造装置メーカーなので、コンピューター用メモリーなどの他に、液晶パネルや太陽光発電パネルの製造装置作っており、各製品ごとの予測をしています。

 その中で、「太陽光発電の市場は好調で、2010年の太陽電池の設置は発電容量べースで16GW(ギガワット)で、2011年は19~21GWになる。2011年の太陽電池製造設備への投資額は横ばいで、発電容量ベースで13~15GWだろう」と述べられています。

 この16GWとか20GWとはどういうことなのかを、ちょっと考えてみました。普通の家に設置する太陽光発電の発電能力=発電容量は3~5kWくらいですよね。1kWの1000倍が1MW(メガワット)、1MWの1000倍が1GW(ギガワット)です。2010年に16GW分設置したということは、16,000,000kW分設置したということです。一軒の家に設置する太陽光発電の容量を4kWとすると、4百万軒分設置したということです。計算合ってますか?

 2009年の日本の設置容量は0.48GWで世界第3位でした(米国SEIAの資料)。ドイツは3.8GW、イタリアが0.7GWで世界合計が6.9GWとのことです。

 2010年の日本は0.9~1.0GWと大幅に伸びそうです(太陽光発電協会の資料から予測)。世界で16GWですから、日本は6%強ですね。ここまでの数字は1年間に新規にどれだけ設置したかというものです。
 
 では現在の太陽光発電の発電能力はどのくらいなのでしょうか?

 累計容量という統計がありまして、2009年末世界では21.5GW日本では2.6GWということです(SEIA)。アプライドマテリアルの数字では2010年の新規設置が16GWです。日本の2010年の新規設置が0.9GWとしましょう。そうすると
2010年末の太陽光発電能力は、世界では37.5GW日本では3.5GWになりますね。
どちらも2009年に比べて驚異的な伸びです。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://taiyokoh.blog84.fc2.com/tb.php/10-40394483

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

ソーラン

Author:ソーラン
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。