スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国初のメガソーラー発電所が運転開始

 四国電力は、同社の松山太陽光発電所(愛媛県松山市勝岡町)の増設工事が完了し、12月1日から営業運転を開始したと発表しました。

 松山太陽光発電所は平成8年3月に運転を開始し、当初は300kWの能力でしたが、今年4月から1,742kW分の増設工事を実施して、能力を2,042kWにまで増強しました。四国では初めてのメガソーラー発電所になるとのことです。メガソーラー発電所とは、発電能力が1MW=1,000kW以上の太陽光発電所のことです。

 増設後の年間発電電力量は約220万kWhを見込んでおり、年間約700tのCO2排出量の削減が可能となるとのことです。

四国電力松山太陽光発電所 ソーラーパネル


 今後さらに平成32年までに、4,300kWまで増設する予定です。下図の北エリアに増設予定です。増設後の年間発電量は455万kWhを見込んでいます。

四国電力松山太陽光発電所 増設平面図


 日本の太陽光発電は一般家庭が主力ですが、今後は電力会社も続々と新規運転開始をする予定があるようです。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://taiyokoh.blog84.fc2.com/tb.php/13-be83871e

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

ソーラン

Author:ソーラン
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。