FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲子園球場の太陽光発電量がナイター照明の電力量を超えた

 阪神電鉄は、2010年3月1日に阪神甲子園球場で稼働を開始した太陽電池が、2011年1月7日に、計画より約1ヶ月半早く、年間計画発電量の193Mwhを達成たと発表しました。これは、阪神タイガースが阪神甲子園球場で1年間に行うナイトゲームで使用するナイター照明の消費電力量に相当し、これによる年間CO2削減量は約133tとのことです。

 この太陽電池は、阪神甲子園球場のリニューアルに伴い、「銀傘」の愛称の内野席の屋根に設置されたもので、製造過程における使用エネルギーが少なく環境への貢献度がより高い、株式会社ホンダソルテック製のCIGS薄膜太陽電池が採用されています。稼働当初から順調に発電を続け、52日前倒しでの年間計画発電量達成となりました。

甲子園球場の太陽光発電パネル 上空から


 この太陽電池で発電された電力は、球場内の通路照明や空調をはじめとする各種電気設備で使用されており、高校野球やプロ野球デーゲーム開催時のほか、シーズンオフにも阪神甲子園球場を支える電力の一部として活用されています。年間計画発電量の193Mwhは、1年間のナイター照明の電力をまかなう量ですが、阪神甲子園球場の年間使用電力の約4%とのことで、ナイター以外にも結構電力を使うんですね。

 株式会社ホンダソルテック製CIGS薄膜太陽電池は、銅、インジウム、ガリウム、そしてセレンの化合物を素材とした薄膜で形成され、製造過程における使用エネルギーが少なく、環境への貢献度がより高い太陽電池とのことです。

甲子園球場のホンダセルテック製太陽電池パネル


 尚、年間ナイター54試合開催、1試合当たり3.3時間点灯として、また、森林は天然林とし、CO2吸収量は、3.3t-CO2/haとして、それぞれ計算しているとのことです。

 あの光々と照らすナイター照明の電力量を、全て太陽光発電でまかなうというのも凄いと思いますが、それが球場全体で使う電力のたった4%にしかならないというのも凄い話です。我々は本当に色々なことに電気をつかっているんだなと思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://taiyokoh.blog84.fc2.com/tb.php/25-15c20cf8

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

ソーラン

Author:ソーラン
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。