スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川県で新補助金政策か? 黒岩新知事が太陽光発電に強い意欲を表明

 昨日の神奈川県知事選で、元フジテレビキャスターの黒岩祐治さんが当選しました。選挙戦中に黒岩さんは、太陽光発電の推進を強く訴えていました。そして、当選後の会見でも太陽光発電政策実現への強い意欲を表明したということです。

 黒岩さんは元々は福祉に熱心で、太陽光発電についての言及はあまりなかったようです。黒岩さんの太陽光発電政策は、東日本大震災を受けての緊急対応政策として出てきたもののようです。

 この緊急政策のスローガンは「ソーラーパネルの輝くキラキラ神奈川」で、「みんなで電気を創り、被災地復興支援を実現」と言っています。

 神奈川県としては、各家庭などにソーラーパネルを設置することで、停電のないエネルギー都市を実現するとのことです。具体策をどの程度練り上げているかはわかりませんが、各家庭などの太陽光発電で停電を無くすということは、とてつもない数の太陽光発電システムを設置するということになります。

 現実問題として、実効ある政策は補助金以外にはないでしょう。

 神奈川県は所得や貯蓄が高めの世帯が多く、環境意識も高い人が多い県です。また東京23区などに比べて広い一戸建て住宅が多く、太陽光発電システムの設置には適した家が多いとも言えます。そして、昨年度は国や自治体の補助金政策により、全国の家庭の太陽光発電の設置が大きく伸びました。黒岩さんのソーラー政策は、単なる思い付きに終わることなく、意外に大きな成果をあげるかも知れません。勿論、県の財政問題などの障害もたくさんあります。

 3ヶ月後には電力消費がピークとなる夏がやってきます。黒岩新知事が早速、太陽光発電への新たな補助金政策を打ち出してくるのか注目したいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://taiyokoh.blog84.fc2.com/tb.php/31-cf0d101a

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

ソーラン

Author:ソーラン
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。