スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

汚染地にメガワット太陽光発電所が完成 シェブロン

 かねてより報じられていたシェブロングループによる、アメリカのニューメキシコ州にある廃鉱石汚染地への太陽光発電所の建設が完了し、4月12日に竣工式が行われました。北米の各メディアが報じています。

 この発電所は、シェブロンの子会社、シェブロン・マイニングと、兄弟会社シェブロン・テクノロジー・ベンチャーズにより、ニューメキシコ州のクエスタ村の近くにあるモリブデン鉱山の約8ヘクタールの土地に建設されました。

 発電容量は1メガワット(1000kW)で、一般的な太陽光発電パネルではなく、レンズで太陽光を集めてセルに光を当てる、集光型太陽光発電方式を採っており、太陽追尾装置173機が設置されました。この太陽光発電所の発電された電気は地元電力会社に販売され、ニューメキシコ州の300世帯分の電力が賄うことになります。

 今回のプロジェクトは、汚染地での再生可能エネルギー発電の実験的プロジェクトだということです。プロジェクトを通じて、本格的な実現可能性について様々な調査がなされるようです。

 そして、今回のプロジェクトはシェブロンにとって3つ目の廃鉱石汚染地プロジェクトとなります。ワイオミング州カスパーの古い精錬所の土地には風力発電所を、また、カリフォルニア州のベーカーズフィールドの精錬所跡地には太陽光発電所を建設しています。

 アメリカでは汚染地に再生可能エネルギー発電所を建設する構想は、最近多くなってきているようです。

 また、連邦政府は、ニューメキシコ州からネバタ州での太陽光発電を後押ししています。この地域では晴天日数が300日もあるというのが大きな理由です。


 この話を聞くと、日本では誰もが福島第一原子力発電所のことを連想してしまいますよね。原子炉の鎮静化に成功したとしても、廃炉にして放射線量が正常化するには、数十年~百年は掛かるとのことです。その間は広大な原発敷地内がずっと立入禁止となり閉鎖地域になるわけですが、もし太陽光発電所として発電ができるのであれば、非常に良い汚染地利用法になります。

 また、福島原発は、日本でも日照時間の長い地域にあり、年間で約1,850時間の日照時間があります。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://taiyokoh.blog84.fc2.com/tb.php/35-657d469d

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

ソーラン

Author:ソーラン
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。