スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光発電は下火になったのか?

 太陽光発電の盛り上がりが一時に比べてめっきり下がっているように感じます。
主たる理由は、やはり原発事故との関連で、太陽光発電が原発の代替になるのは無理という認識が拡がって来ていることが大きいでしょう。
 さらに、補助金の減額、中国メーカー製太陽電池パネルの品質問題やメーカーの破綻なども拍車を掛けているのかも知れません。

 一方では、太陽光発電拡大の底流の力強さを感じさせるニュースもあります。

 ドイツでは今年の4月に、太陽光発電と風力発電の出力が、はじめて電力需要の50%を上回りました。これはある時点での電力供給が電力需要の50%を超えたということで、ある意味瞬間的なものではありますが、日本の8月の午後2時のピーク電力問題などを考えると、大変に意味のあることでもあります。ドイツの地道な努力の継続が大きな成果を上げつつあるようです。

 また、昨日はジェネラル・エレクトリック(GE)が、中国企業と太陽光発電事業協力契約を締結しました。協力の内容は、技術協力だけではなく、顧客のファイナンスや政府など公的機関との関係調整支援など、顧客企業が事業を進めていくのに具体的に必要な内容であり、環境対策に不熱心と見做されていた中国でも、かなり本気で太陽光発電の拡大に取り組んでいることを感じさせます。

 実は日本でも、事業者による太陽光発電事業はかなり拡がって来ているようです。政府による補助金が後押ししているようです。補助金が高過ぎることを問題視されているくらいですから、事業性は十分にあるのかも知れません。むしろ土地取得などで様々な法規制に苦労するようで、この辺りが諸外国より障壁になっているようです。

 こうしてみると、世界的には太陽光発電の拡大は力強く続いているようです。そしてその発電量は年々かなり拡大しているようです。

 太陽光発電が地球温暖化問題や原発削減に大きく貢献できるのかどうかはまだまだわかりません。また、有害重金属を多く含む太陽電池パネルの廃棄による環境問題が既に発生しています。
 しかし、差し迫りつつある環境問題やエネルギー問題に太陽光発電は大いに貢献するであろうという予想の下、各国とも着々と太陽光発電を拡大している状況に変わりはないようです。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://taiyokoh.blog84.fc2.com/tb.php/45-55bbccb4

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

ソーラン

Author:ソーラン
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。