スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗闇でも3ヶ月使えるソーラーキーボード

 パソコン周辺機器などのロジクールは、ソーラーパネルを電源として利用するワイヤレスキーボード「ロジクール ワイヤレス ソーラーキーボード K750」を2010年12月15日(水)に発売することを発表しました。価格はオープンプライスで、ロジクールオンラインストア価格は 7,980円(税込)です。

 K750は、ソーラーパネルを搭載したことで、面倒な電池交換やわずらわしいケーブルを不要とする2.4GHzワイヤレスキーボードです。

 K750には電池交換の手間を省いて利便性を向上させるため、ソーラーパネルが搭載されており、電力は光によって供給され、自動的に充電が行われます。邪魔になりがちなACアダプターや充電用ケーブルは使用しません。 K750は、平均的なワイヤレスキーボードより消費電力効率が5倍も高いので、普通の明るさの室内で問題なく使用でき、フル充電時には完全な暗闇でも最大3ヶ月使用することが可能です。

 また、専用のソーラーパワーアプリをインストールすれば、キーボードのソーラーパネルと連動するルクスメーター(照度計)により、必要な明るさや、電池残量を一目で確認できるだけでなく、光量が足りない時には警告を出す機能が付加されます。

 その他に、7.5mmの超薄型デザインやインカーブキー デザインなどの特長についてはロジクール社のプレスリリースをご覧ください。

 いくら小電力機器とはいえ、キーボードを3ヶ月間使える程の充電ができる太陽光発電システム搭載機器だということに、我々太陽光発電に関心を持つ者としては、とても惹かれてしまいます。そして価格も8,000円弱。

 今後はこのような太陽光発電方式で充電器付きの、ワイアレス情報機器がどんどん出て来るのではないでしょうか。ちょっと信号を送ったりする用途にとても良いと思います。

 家庭内のリモコンや電卓、屋外ではセンサー+無線信号などで、防犯機器などでも革新が進むのではないでしょうか。更に技術革新によってもっと大きな電力を使用する機器でも可能になって来るでしょう。

 兎に角、現時点で超薄型キーボードにソーラーパネルと蓄電池そしてワイアレス装置を搭載し、電源は太陽光発電で、ワイアレスキーボード機能を果たしながら、3ヶ月分の充電ができ、価格が8,000円を切るということに、太陽光発電の今後に大きな希望を感じます。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://taiyokoh.blog84.fc2.com/tb.php/7-898ec498

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

ソーラン

Author:ソーラン
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。