FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光発電量予測システムを開発 省エネなどに威力を発揮

 三菱重工メカトロシステムズ株式会社(本社:兵庫県神戸市、三菱重工業が100%出資)は、日本気象協会の予測データを用いて、太陽光発電設備の発電量を簡易に予測するシステムを開発、12月から販売を開始すると発表しました。

 これは、太陽光発電を導入した工場・設備の計画的な省エネなどに大きな力を発揮するもので、日本気象協会の予測データを用いた汎用の太陽光発電量予測システムの開発は国内で初めてです。

 今回開発した太陽光発電量予測システムは、日本気象協会の総合数値気象予測システム(SYNFOS-3D)の日射量予測データを用いて、太陽光発電設備の33時間先まで1時間間隔の予測発電量を計算、統計的補正を加えることで、翌日の日の出から日没までの太陽光発電量を割り出し提供するとのことです。太陽電池モジュールの製造会社に関係なく、すべての太陽光発電設備に適応可能です。

 この予測システムをエネルギー管理システムと組み合わせて、工場の計画的な省エネや電力運用、デマンド制御などに活用すること(特許出願中)を提案していく方針です。また、これを用いた予測データの配信サービスや、太陽光発電計測表示システムへの組み込みなど、この技術の多様な応用にも乗り出す考えです。

 
 これは、33時間程度先までの発電量を予測して、電力会社からの買電などその他の電源との調整を計画的にしていくことで、より効率的な電源運用をして、省エネに繋げるということだと思います。

 家庭用の太陽光発電システムには直接は関係ないとは思います。発電量を予測して、自家発電機を回す準備をするとか、発電量が多いうちに料理を早くやってしまおうとかは無いですからね。

 でも、家庭用もスマートグリッドなどで繋がって来る訳で、間接的には大きく関係するのかも知れません。何しろ事業所単位より、地域全体、国全体の調整の方が遥かに規模が大きいわけですから。それに日本の太陽光発電は家庭用が先行していますからね。

 こういうことを聞くと、太陽光発電は、地域や国などの全体としてもかなり複雑なことになるのかなと感じます。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://taiyokoh.blog84.fc2.com/tb.php/8-ec7f3677

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

ソーラン

Author:ソーラン
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。