スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽光発電システム付マンションが本日販売開始

 三井不動産レジデンシャル株式会社は、太陽光発電システム付きのマンション「パークシティ国分寺」の販売を本日開始します。8階建てで、住戸棟は4棟で総戸数は331戸です。

 「パークシティ国分寺」のコンセプトは「地球、街、家族との共生」で、太陽光発電、太陽熱温水器、蓄電池、屋上菜園、エコカーシェアリングなどによりコンセプトの実現を目指すとのことです。

太陽光発電付きマンションの完成予想図


 同マンションの公式サイトによれば、住戸棟の屋上に40kW、ゲストハウスの屋根に4kWの合計44kWの太陽電池を取り付け、共用部のLED照明、エレベーター、給水ポンプに利用するとのことです。また太陽電池で発電した電気を蓄えて雨の日や夜間にも使えるようにするため、容量100kWhのリチウムイオンバッテリーを使った三菱重工製の新開発蓄電池システムも設置するとのことです。この蓄電池によって、このマンションの給水ポンプを1~2時間作動させることが可能と記されています。


 現在一般家庭で太陽光発電システムを付ける場合は3~5kWくらいの容量ですから、44kWといえば11軒分ですね。総戸数331戸に対して非常に少ないです。おそらくコスト的なメリットは全く無く、三井不動産の実験的取り組みなのではないでしょうか。

 現在は、法律でマンションに設置した場合でも、条件付きながら、電力買取制度の適用が受けられるのですが、蓄電池システムを設置していることや、買取制度への言及が無いことから、発電した電力はすべて自家消費に回すものと思われます。

 「パークシティ国分寺」に太陽光発電システムが設置されていることを、マンションの購入を検討している人がどう感じるかというと、環境問題対応による善とか、高級感などの情緒的な部分に留まるような気がします。

 しかし、今回のシステムが成功と言えるのかは別にして、三井不動産のようなトップデベロッパーが太陽光発電をマンションに設置していこうと野心的な取り組みをしていることは、とても良いことだと思います。

 このような場合、技術の進歩やシステム価格の低下に合わせて、追加工事により大容量に対応していけるようにしたらどうでしょうか?
「パークシティ国分寺」でもそのような設計になっているかも知れませんが。

甲子園球場の太陽光発電量がナイター照明の電力量を超えた

 阪神電鉄は、2010年3月1日に阪神甲子園球場で稼働を開始した太陽電池が、2011年1月7日に、計画より約1ヶ月半早く、年間計画発電量の193Mwhを達成たと発表しました。これは、阪神タイガースが阪神甲子園球場で1年間に行うナイトゲームで使用するナイター照明の消費電力量に相当し、これによる年間CO2削減量は約133tとのことです。

 この太陽電池は、阪神甲子園球場のリニューアルに伴い、「銀傘」の愛称の内野席の屋根に設置されたもので、製造過程における使用エネルギーが少なく環境への貢献度がより高い、株式会社ホンダソルテック製のCIGS薄膜太陽電池が採用されています。稼働当初から順調に発電を続け、52日前倒しでの年間計画発電量達成となりました。

甲子園球場の太陽光発電パネル 上空から


 この太陽電池で発電された電力は、球場内の通路照明や空調をはじめとする各種電気設備で使用されており、高校野球やプロ野球デーゲーム開催時のほか、シーズンオフにも阪神甲子園球場を支える電力の一部として活用されています。年間計画発電量の193Mwhは、1年間のナイター照明の電力をまかなう量ですが、阪神甲子園球場の年間使用電力の約4%とのことで、ナイター以外にも結構電力を使うんですね。

 株式会社ホンダソルテック製CIGS薄膜太陽電池は、銅、インジウム、ガリウム、そしてセレンの化合物を素材とした薄膜で形成され、製造過程における使用エネルギーが少なく、環境への貢献度がより高い太陽電池とのことです。

甲子園球場のホンダセルテック製太陽電池パネル


 尚、年間ナイター54試合開催、1試合当たり3.3時間点灯として、また、森林は天然林とし、CO2吸収量は、3.3t-CO2/haとして、それぞれ計算しているとのことです。

 あの光々と照らすナイター照明の電力量を、全て太陽光発電でまかなうというのも凄いと思いますが、それが球場全体で使う電力のたった4%にしかならないというのも凄い話です。我々は本当に色々なことに電気をつかっているんだなと思いました。

スズメバチが太陽光発電をしていた

 スズメバチが太陽光発電をしていることが発見されたと欧米のメディアが一斉に報じています。

 発見したのは、テルアビブ大学のマリアン・プロトキン博士のチーム。

 スズメバチは日射が強い程、地下活動が活発になり、狩り蜂は朝早くより活動的なことから、昆虫は太陽光を利用しているのではないかと考えました。

 プロトキン博士のチームはスズメバチの外骨格に、キューティクルでできた、深さ160ナノメートルの溝のある茶色の部分と、はやりキューティクルでできた、格子状で卵型の、高さ60ナノメートルの突起になっている黄色の部分を発見しました。

 茶色の部分は、太陽光を捉えて、分光したりすつ機能があるらしく、これは人間が作った太陽電池のセルの技術と似ているとのことです。

 一方、黄色の部分は、キサントプテリンという物質の色であり、このキサントプテリンは光を電気エネルギーに変換する能力があることがわかりました。

 博士のチームは、この理論を証明するために、この仕組みによる太陽光発電システムを作り、発電効率0.335%ながら、電球を光らせることができたとのことです。

 こういうことを聞くと、人間も発電できるかもとか、色々なことを想像してしまいます。

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

ソーラン

Author:ソーラン
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。